ダイエット 停滞期

ダイエットの停滞期について

ダイエットを急激にしていると停滞期に入って、急に痩せづらくなることがあります。いくらダイエットを頑張っても体重が減らなくなります。少し油断して多めに食べてしまったことで、やっと減った体重がまた増えてしまうこともあるといいます。非常に気分的にも停滞期中のダイエットは困難なもので、このときにダイエットをやめてしまう人が大勢いるといいます。ダイエットを停滞期に中止することによって、もっとリバウンドしやすくなってしまうのが人の体というものです。結果的にダイエット前よりも体重が増えてしまうこともあります。停滞期は短い人で1週間、平均的には3週間ほど続きます。停滞期を突破すれば、またダイエットによる効果が現れて、体重の減少が進むようになります。停滞期は1度来て終わりではなく、しばらくするとまた停滞期は訪れます。ダイエットが進む時期と停滞期は交互にやってきます。ずっと停滞期が継続するわけではないので、重要なのはダイエットを中途半端にやめないということです。ダイエットがうまくいく人には、停滞期が来てもいずれはその時期が過ぎると思いながらダイエットを継続しようとする意志があるものなのです。ダイエット方法の中には、極端な食事制限などの停滞期が長期になりやすいものがあるといいます。ダイエット方法の中でも停滞期が起こりにくいものを探しておくようにしましょう。停滞期の性質を考え合わせながら、自分に合うダイエットを実践しましょう。停滞期を制することは、ダイエットを制することにもつながります。

ダイエットの停滞期が起こる理由

ダイエットをすると停滞期に入るのは、体のどのような仕組みが原因なのでしょうか。停滞期というものをダイエット中に迎える要因というものがあるのです。人間の体にもともとある機能として、ホメオスタシオスという飢餓状態でも数日は生きていられるようなものがあるそうです。人間が生きられる程度の数値に、体温や血糖値などをキープするために、代謝やエネルギーの吸収率などを操作するそうです。何らかの理由で食事ができない状態が続くと、体はそれを異常事態と認識して、体を維持させるための機能が働きます。少ないカロリー摂取量でも体内のエネルギーが枯渇しないように代謝を下げたり、食事から吸収するエネルギーをふやしたりします。ダイエットの停滞期が起こる理由です。基礎代謝や運動時のカロリー減少を減らし、カロリー摂取が少なくとも体を維持できるようにするわけです。ホメオスタシオスの機能のおかげで、生きていくためには不可欠とはいえ、ダイエットしてもカロリーが消費されにくくなり、体重がなかなか落ちないのです。停滞期がダイエットのときに起こる仕組みです。できるだけエネルギーを使わないように省エネになるのが停滞期中の体です。余剰が少しでもあるとエネルギーの蓄積を体脂肪としてしていきます。危機感を脳がカロリーが少ない状態に対して覚え、促していくのがホメオスタシオスの活動なのです。逆に言えば停滞期が発生するのはダイエットとしては当たり前のことです。順調にダイエットが進んでいる証拠であるともいえるので、停滞期に適切な対応をすることが必要になります。

ダイエットの停滞期を乗り切る方法

ダイエットへの意欲は停滞期に入って体重が減りづらくなると下がりやすくなります。体重だけがちっとも減らず、空腹のつらさや運動のキツさは最初と何ら変わりません。やっても結果が出ないのがむなしく、たくさんの人が停滞期にダイエットをやめてしまうようです。上手に停滞期を乗り越えることで、ダイエットを成就させることが可能となります。ダイエット中の停滞期は、永久に続くものではありません。個人差はありますが、大体一カ月程度でおわります。停滞期は必ず終わるということを意識しつつ、とにかく停滞期は今の体重を保つことに注力しましょう。体重が増えた、減ったという目先の数字に振り回されず今までどおりのダイエット方法を続けます。ダイエットが成功していることによって、停滞期に入ったという見方もできるといえるでしょう。もう一度体重の減少が停滞期が終わるとともに始まりますので、その時まで体のメンテナンスをしておきましょう。生活習慣の見直しや、食事を考え直したりすると良いでしょう。停滞期に、ダイエットに向けての意欲を再確認しておくことも意味があります。停滞期には焦りは禁物。いつかは終わると信じて今まで通りのダイエットを無理のない範囲で継続することが突破口になります。

 

サイトマップ